スポンサーリンク

2021天皇賞・春は買わないので予想のみ

Hobby

天皇賞・春の現時点のオッズが面白い事になっていますね。
ディープボンド、和田竜二が1人気になっています。
ワイは和田しゃんが好きで、テイエムオペラオーの時はグラスワンダー・スペシャルウィークの伝説のレースを見て、来年はテイエムオペラオーにこの2頭は勝てないだろうと言っていたら、本当にその通りの世紀末覇王にしてくれた熱い漢です!!
キタサンブラックで武豊が今年は負けません!と言っても出来なかったように、馬の力も勿論ですがジョッキーの強心臓もあると思います。
ウマ娘デビューの人達は知らないかもしれませんが、勝利騎手インタビューで毎回「シャーッ!」「シャーッ!!」と雄叫びをあげていたんですよ。
久しぶりにGIを制覇したミッキーロケットでは「シャーッ!」を聞くことは出来なかったので大人になったなぁと寂しい物がありましたw

福永祐一世代で馬質を考えると実質リーディングジョッキーでしたから、実力も折り紙付きの和田しゃんがGIの舞台で1人気に乗るなんて!
同期の福永祐一がワイの応援しているワールドプレミアに乗り、和田竜二が1人気(最後まで持つ?)のディープボンドに乗り同期対決をするなんて胸アツですね!
しかもディープボンドはワイが競馬グッズを集めていたくらい大好きなキズナ産駒ですよ。
キズナは佐藤哲三から武豊にバトンが紡がれたドラマ性・馬名・震災復興の時代の象徴として歴史に刻まれた名馬なので、ウマ娘デビューの人は当時の時代背景が書かれているような物を探して読んでみるのも良いかもしれないですね!

だがしかし、ディープインパクト産駒は長距離適性が低いと言われているんですよね。
キズナ自身が顕著で古馬になってからはもうマイラー体型だと言われていました。
昨年フィエールマンが戴冠するまでは、GIホースだらけのディープインパクト産駒が天皇賞・春は未勝利でしたからディープインパクトの子孫というのは割引材料だと思います。
フィエールマンにしても、昔は天皇賞・春には世代の一流馬が集まって固いレースばかりだったのに、最近は一流馬が長距離は避けるようになっているので空き巣感は拭えませんけどね。

という事で、和田しゃんと福永の同期対決が楽しみではありますが、馬券としては
アリストテレスとオーソリティのいつものルメール・川田リーディングジョッキー打線で狙うのが正しいんじゃないかなぁ?という気がします。
お金が無いから買いませんが、買うならやっぱりオーソリティの複勝ですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました