スポンサーリンク

2021年のマイニング事情 – 2021.05.07

Mining
EIP1559についての再考

以前、下記の記事でEIP1559についても書きましたが、再考になります。

EIP-1559については下記の公式githubドキュメントを参照

EIP-1559の内容を簡潔に書くと

まずbase feeが公式で求められます。
・パンピーはbase feeだけで送ればいいよ!
・どうしても早く送りたいブルジョワはチップを上乗せすればいいよ!
・マイナーはチップだけしか貰えなくなるよ!
という事でガス代多く払えば早く送金出来るという利用者側には特に変化を感じない内容です。

DeFiでトランザクションが増えている

最初に引用した記事でも書きましたが、イーサリアムのトランザクションにはERCトークンも含まれます。
有名なUniSwap(UNI)やスキャム?闇?魔界?UniSwapクローン達もERCトークンです。
特に取引所未上場でUniSwapでしか取得出来ない草コインがあったりするので、ボラリティの高い草コインバブルで隆盛を極めていると思います。

ガス代高騰ってどんなもの?

ワイ、ぶっちゃけイーサリアム使わなくなったのでガス代の高騰ってどんな物か知りませんでしたw
先日、某所でガス代について触れている人がいたので、「え?今そんなに高いの???」という感じで再考に至った次第です。

イーサ報酬202105072037
イーサ報酬202105072037

Ageが秒単位になっているように、何の作為もなく最新をキャプチャしただけです。
Reward欄が大体2.8くらいなので0.8ETHがガス代だと思われます。

上記記事の近辺のガス代を調べると・・・

20200918gas
20200918gas

なんじゃこりゃw
2020/9/18日のトランザクションですが、本来の報酬2イーサよりガス代の方が倍以上貰えてたなんて時期があったのか?
この時期から考えると今も高い高い言われているガス代は下がってるんですね。
ちなみにキリの良い60,000ページ目で出てきたからこれをスクショ撮っただけで、ページ数はトランザクションが増えるとズレていくのでリンク貼れないんです。

20190317gas
20190317gas

前回バブルが去った後の閑散相場(2019.3)のガス代がこれです。
ワイが最後にイーサリアム送金してた時の感覚値がこのくらいのイメージですから全然今と違いますねw
これもキリの良い200,000ページ目で出てきただけですのでズレるからリンク貼りません。

試算してみると

単純にチップが0(多分あり得ないと思う)になると仮定した場合。
2.8ETH→2ETHで約71%なので約3割減。
3ETH→2ETHで約66%なので約3.5割減。
くらいが目安になって
・チップ代の分上振れしか無いのでそもそも半減なんて無いから安心しましょう
・本当にbase feeが安くなるんだったら、DeFiも今以上に活発になりトランザクションが増える事で結局上振れしかない
・EIP1559を適用した結果ビットコインを超えたスーパーインフラ基軸通貨として価格上昇に歯止めが効かなくなるかもしれない

とイーサリアムという通貨に良い事しか無いハズのこんな事をネガティブに捉えて心配するよりも、下記みたいなニュースとかね。
POW自体の終焉を心配してIPFSなりIoTなりMT4なり今の内に稼いだお金で別のチャリンチャリン手段を模索しておいた方が良いんじゃないですかねぇ?

ビットコイン仮想通貨マイニングを停止する法案をNY州議員が提出!環境配慮とはいうものの本当は違うのではないだろうか

※書いてて思い出したので忘れないようにメモ:今出来る次の一手の一例を書くつもり

ビットコインの寄付を歓迎します
BTC送金先
BTC送金先

1Maq8meqKPiRqHQuSq1p12ZhvLJjXhaywE

不要なビットコインを寄付して頂ける方は上記アドレスまでご送金下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました