スポンサーリンク

2024年のマイニング事情 – 2024.1.14

Money
CTN/XCB用取引所:PingExchange
DYM用取引所:MEXC BitGet
ワイ氏書籍を出版する!

実はワイ氏出版会社系統の仕事をしていた時に執筆依頼も受けた事があるのですが、ワイの面倒くさがりっぷりを知っている皆さんなら容易に想像できるでしょうが断りましたw
だってそもそもの話ですな、書籍って2種類あって
・情報の鮮度が重要な物
・末永く読み続けられる物
前者だと印税が永久に入ってくるなんて期待できない訳ですよ!
そんな物の為に時間外に必死に時間作って更なる労働をするなんて割に合わないと考え断った訳です。

あぁ、自分が本を書くのは断ったけど、書籍にワイの作ったソフトウェアが収録されていた事はあります。
最近はあーいったおまけCDに便利ソフトが色々と収録されている系の雑誌ってまだあるんですかね?

今回は時間があったのでXCBのマイニング方法を書いたKindle書籍を作成しました。
そもそもWordで書けるというのを見て、そーなんだ!と思ってやってみた訳ですが、PCで見えているページとKindle側で表示されるページは全然違うので、改ページ処理とか何も考えずにひたすら文章を書くだけの方が良いという結論に最終的に至って勉強になりましたw

ほとんどの人は前回記事に書いた下記リンクを見ればマイニング方法は分かると思いますが
https://github.com/catchthatrabbit/coreminer
分からない人はワイの書籍を買って参考にしてみて貰えば掘れるんじゃないかな?と思います。

ちなみにロイヤリティ35%なので1冊売れても缶ジュース買えるか買えないかレベルですw

XCBマイニングの凄さについて

まずワイは今RTX3070x5+その他で900Wくらいの電力を使用しています。
ワイの場合は電気代を考えなくても良い所で300WくらいはCPUマイニングに使っているので完全には参考にはならないと思いますが・・・。

XCBマイニング20240114
XCBマイニング20240114

以前の記事に書いたように2023年末はZEPH爆発でそちらに移っていたので2023/12は0枚
それまでに掘っていたのでTotalは2.2万枚超
今月PingExchangeで換金出来るようになってXCBに戻してから477枚という状況です。

大体XCB相場も落ち着いてきてワイが皮算用に用いた$0.2がXCBの単価として推移しています。
ワイは半分利確という形を取っているので、現在477だから400として200XCBは既にUSDCに換金している形になりますが、$0.2以上でしか利確しないようにしています。

XCB換金状況20240114
XCB換金状況20240114

説明しなくても分かるとは思いますが念の為に書くと昨年までに掘ったのをPingExchangeに全部いれていて今年新しく掘れたのは自分のウォレットに置いたままです。
新しく掘れた物の半分をPingExchangeにある物から利確しているという状況なのでこの枚数ですが、200枚USDCに換金して6,228円換算です。
つまりまだ1/14で10日くらいしか掘ってない内のさらに半分でこの金額だという事は900W使っている電気代を全てCPUマイニングで補った上でお釣りがきてしまうという事です!!

なのでワイはGPUマイニングに関しては暖房としても得をしている上に電気代も無料で将来の値上がりまでキープするだけという作戦が取れるという形になります。
(値動きも激しいですが大体$3/日くらいはGPUでも稼げている感じにはなっています)
実際にはPingからの送金時に10USDC手数料取られるからちょいと割引は必要な状況になるかもしれませんが、我ながら儲かりすぎてびっくりしておりゅ状況ですw

よっし!Kindle出版の方法分かってきたから今後は別の本書くぞぉーっ!!!!
人生一度きり!色んな事にトライして楽しもうぞ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました