Indigoのインスタンス接続手順

Ubuntuアプリケーション Developer
Ubuntuアプリケーション
Ubuntu20.04のインストール

この記事ではWindowsPCでの利用を想定しています。

・WSLをインストールする
・Ubuntuアプリをインストールする

まずWSLをインストールして下さい。

WindowsStoreUbuntu
WindowsStoreUbuntu

WindowsストアでUbuntu 20.04 LTSアプリケーションを選択してインストールするだけです。

インスタンスにSSH接続する
WSL Ubuntu20.04
WSL Ubuntu20.04

Ubuntu20.04を起動します。

・ダウンロードしたキーのファイル名をprivate_key.txt
・ダウンロードフォルダにファイルが存在する

上記の前提で説明しています。

$ mkdir -p ~/.ssh
$ chown 0600 ~/.ssh
$ cp /mnt/c/Users/ユーザー名/Downloads/private_key.txt ~/.ssh/id_rsa
$ chmod 0400 ~/.ssh/id_rsa

ファイル名をid_rsaとする事でデフォルトの鍵ファイルとして選択されます。

$ ssh ubuntu@123.45.67.89

Ubuntuの場合は初期ユーザーとして用意されているユーザー名がubuntuとなります。
@の後ろはインスタンスに割り当てられたIPアドレスを入力します。

UbuntuSSHLogin
UbuntuSSHLogin

ログイン出来ました。
ちなみに下記コマンドを打ってみて下さい。

$ cat ~/.ssh/authorized_keys

インスタンス作成時に選択したSSH公開鍵がここに設定されています。
これに対応した秘密鍵がWSLにコピーしたid_rsaファイルになります。
このファイルを持っている人しか接続出来ませんので鍵ファイルは無くさないようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました