Indigoのインスタンス作成手順

Indigoダッシュボード Developer
Indigoダッシュボード
SSH鍵の作成

・最初にSSH鍵を作成する
・インスタンスを作成する際にSSH鍵を設定する

IndigoSSH鍵メニュー
IndigoSSH鍵メニュー

SSH鍵の作成ボタンを押下します。

IndigoSSH鍵作成
IndigoSSH鍵作成

SSH鍵名を入力し作成ボタンを押下するだけです。
自動的にファイルがダウンロードされるのでそのファイルは無くさないようにして下さい。

インスタンスの作成
Indigoインスタンスメニュー
Indigoインスタンスメニュー

インスタンスの作成ボタンを押下します。

Indigoインスタンスイメージ
Indigoインスタンスイメージ

バージョンを選択するからUbuntu18.04を選択します。
最近はインフラエンジニアもUbuntuサーバーを利用する人が多いので情報量も多いです。
UbuntuはLTS(LongTerm Support)という長期サポート版を配布しているのが特徴です。
https://ubuntu.com/about/release-cycle
通常サポート:2023.4 拡張サポート:2028.4
CentOS8は2029.5までサポートみたいなので好きなOSを選択して下さい。

Indigoインスタンスサイズ
Indigoインスタンスサイズ

インスタンスサイズは我々349円ユーザーは、勿論!断固として!一番左の低スペックインスタンスを選択しましょう!!

IndigoインスタンスSSH鍵
IndigoインスタンスSSH鍵

先程作成したSSH鍵を選択します。

Indigoインスタンスリージョン
Indigoインスタンスリージョン

リージョンは1つしかありませんので東京リージョンを選択します。
リージョンというのは物理的にサーバーが設置されるデータセンターの場所です。
インスタンスの作成ボタンを押下してインスタンスを作成しましょう。

インスタンス作成後
インスタンス作成後

インスタンス作成直後はStoppedの状態になっています。
この状態でも時間従量課金が発生していますよ!

ファイアウォールの設定

・ファイアウォール自体はインスタンス作成前に作成しておく事は可能です
・ですがインスタンスとの紐付けはインスタンス作成後にしか出来ません

Indigoファイアウォール
Indigoファイアウォール

ファイアウォールの作成ボタンを押下します。

Indigoファイアウォール名
Indigoファイアウォール名

ファイアウォール名に好きな名前を入力します。

Indigoファイアウォールインバウンド
Indigoファイアウォールインバウンド

インバウンドというのはインスタンスに入ってくるパケットの事です。
新規ルールボタンから複数件追加する事が可能です。
最低限上記3つを設定しておけば利用できます。
HTTPの80ポートは全てのアクセスを許容する為0.0.0.0/0を設定します。
HTTPSの443ポートも全てのアクセスを許容する為0.0.0.0/0を設定します。
SSHの22ポートは自分だけが接続出来るように現在使用しているIPアドレスを設定します。
(固定IPを持っていなくても現在のIPアドレスで問題ありません)

Indigoファイアウォールアウトバウンド
Indigoファイアウォールアウトバウンド

アウトバウンドというのはインスタンスから出ていくパケットの事です。
ここにしか接続させないという用途は基本的にないので何も設定しなくて問題ありません。

ファイアウォール割当
ファイアウォール割当

ファイアウォールを割り当てるインスタンスを選択し、作成を押下してファイアウォールを作成します。

インスタンスの起動
インスタンス作成後
インスタンス作成後

右の選択ボタンからインスタンスの起動を押下して起動します。
ステータスがRunningに変わればOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました